DPX-3L デュプリケーター詳細 
   (右スクロールバーで下までご覧頂けます)



スペシャル機能でDPX-3Lは快適バックアップを実現!!

 パソコンが扱えない、または持っていない超アナログ人間でも、DVDビデオのコピーが簡単に出来てしまうのが「DVDデュプリケーター」の最大の魅力です。パソコンやバックアップソフトをいちいち起動する必要もなく簡単に落とせる、面倒なことが一切不要な「おまかせアイテム」それがDVDデュプリケーター DPX-3Lです。


デュプリケーター DPX3Lの全面パネル部

 DPX-3Lの操作系は6つと極めてシンプルです。「NEXT」「PREV」ボタンを押すと「DVD COPY」「CD COPY」などのメニュー画面に移動するので、実行する場合は「OK」、取り消す場合は「EXIT」ボタンを押せばOKです。
 ボタン操作だけでDVDビデオのコピーが出来てしまいます。


DPX-3Lのコピー操作はこんなに簡単!

 DPX-3Lデュプリケーターで片面二層ディスクをバックアップしてみましょう。
 操作手順は、ソースディスクをハードディスクに保存した後に、DVD-Rに書き込むというものですが、自分でやるのはディスクをトレイに載せるくらいです。データの吸い出しやエンコード(圧縮)、書込作業はすべて自動で行われます。

 スペシャル機能を有効にしたら、メニューの「DVD COPY」から「B.9TO5」を選び、ソースとなるディスクを入れて「OK」ボタンを押す。すると、ディスクの情報(データ容量など)がチェッされ、データの吸い出しと圧縮がスタートします。
 それが終わると、ディスプレイ上にディスクを変えるようにという指示が出ますので、空のメディアに入れ替えて「OK」ボタンを押します。これだけで操作は完了となります。あっという間にバックアップディスクが焼き上がります。

 6.4Gバイトのディスクをバックアップしてみるとデータの読み込みに50分程度、書込は10分もかかりませんでした。焼き上がったディスクを再生したところ、メニュー画面や字幕はそのまま。画質もオリジナルに忠実に再現されていました。

 

DPX-3Lがお薦めです!!


DPX-3Lデュプリケーターで快適DVDライフ!